自分をごまかしながら走る

今日は練習計画に従ってインターバル1000m×6をやった。

昨日から涼しくなったから何とか走ったがペースは相変わらず目を覆いたくなるレベルだ。心拍数が上がっていないのでもっと脚を動かせる余地があるのかもしれない。

昨日30km走をやったので脚に疲れが残っていて、動かせなかったのか。いやたぶんきっとそうだろう。そういうことにしておこう。

そう思わないと練習を続けられない。

 

f:id:konguking699:20190917210515j:plain

 

本日の走行距離:15.52km

今月の走行距離: 169.38km

 

相変わらずのゆっくりペース

このところ暑い日が続いている。今日も暑く、何にもやりたくなかったが練習計画では600m×5をやる日なので、走ってきた。インターバルと言っても私のペースは普通の女性のゆっくり目のジョギングペースだ。気温が32℃なんだから仕方がないとでも思わなければ、この先練習を続ける意欲が湧かなくなる。

秋のレースまであと一ヶ月ほどになった。

長い距離を走る練習もしなければならない。

 

f:id:konguking699:20190910222146j:plain

 

本日の走行距離:14.04km

今月の走行距離:86.24km

着地の意識(位置)を変えてみた

三日前から、着地の意識をつま先から、足裏全体着地に変えた。「アフリカ人マラソン選手がマラソンの記録を次々と塗り替える走りを出来るのは、彼らがつま先から着地するからである。」と言っているNHK TVを見て以来、私もつま先着地で走っていた。しかし、私の場合そうすると歩幅が狭くなりどうしてもペースが上がらないのでNHKの番組をYou Tubeで見直してみたのだが、つま先着地の説明をするスローモーション撮影を何回見ても足裏全体着地をしている。確かに裸足で着地するその映像では、踵はわずかに地面から離れて着地しているけれど、シューズを履いていればソウルの厚みがあるので足裏全体で着地しているはずだ。

着地を変えてから走るのが三回目の今日の歩幅の伸びは4cmだった。

しばらく今の着地意識で走ってみることにする。

 

f:id:konguking699:20190831195822j:plain

 

本日の走行距離:16.00km

今月の走行距離:301.45km

何をすればよいのかわからない

練習計画では、今日はマラソンペース走をやることになっている。

午後から練習を始めた。

10kmまではマラソンペースで走れたが、そこから先はペースが落ちてしまった。脚が動かなくなってしまう。だから心拍数が上がらない。

これを改善するために何をやればよいのだろうか。

わからない。

f:id:konguking699:20190825201530j:plain

 

本日の走行距離:26.01km

今月の走行距離:238.99km

今日もあまり走れなかった

今日も暑かった。

冷房を使わない二階の部屋で昼過ぎまでじっと横になって、山沿いの道に日影ができる時間まで待つ。横になっているだけだがあまりにも熱く、熱中症で死んでゆく人はこうやって死んでゆくんだろうと想像する。七月の末ころからこんな毎日だ。

午後二時半ころに家を出て日陰になった道でのろのろと走った。

近ごろ長い距離を走ってないので、今日は最低でも30km走ろうと思って走り始めたが、16kmで持って行った水がなくなったし、頭が痛くなってきて身の危険を感じて、そこで走るのをやめてしまった。

年を取ると精神力は弱くなるのだろうか。

 

f:id:konguking699:20190811192805j:plain

 

本日の走行距離: 16.04km

今月の走行距離:90.03km

走れない日が続く

先月の中旬頃から気持ちが落ち込み、外に出られない日が続き、走れない日が多かった。

7月になって落ち込んだ気持ちはやや回復してきたけれど、今度は32℃を超える日が続き、暑さに負けて走れなくなっている。

去年の今頃はトンネルで走ったけれど暗い中で走るのはつまらない。

何とかしなければ。

 

f:id:konguking699:20190731203609j:plain

 

先月の走行距離:214.15km

本日の走行距離:8.06km

今月の走行距離:257.41km

貧乏老人、落ち込む

五月のフルマラソンレースでワースト記録を更新してしまったので、もっとスピードを出せる走りをできないだろうかと、歩幅を広げるトレーニングをやってみたが全く効果はない。歩幅を広げて走ると心拍数が上がりすぎて2㎞くらいで走れなくなってしまう。結局、心肺能力を高めなければならないという結論になり今までの課題と何も変わらないことになってしまう。振出しに戻ってしまうのだ。

走りを改善しようとしても全く効果が出ず、走る気力が湧かず今週は走りに出たのはまだ一日だけだ。今日も一日中引きこもっていた。

全く憂鬱極まりないのだが、近ごろよく目にする金融審議会の年金についての報告書をめぐる議論にも憂鬱にさせられる。

問題は「月額20.9万円支給されている年金生活者の一か月の赤字額が5,5万円になる」ことじゃない。これはもっと根の深い問題だ。問題は月額20.9万円に程遠い人や国民年金の人の生活をどうするかということだ。更に言えばこのまま人口が減って、日本はどうなるんだという問題だ。

2019年の政府の調査では非正規雇用者比率は37.8%。今後この比率はさらに増えて行くだろうし、20~64歳の人口比率の予測は2025年 54%、2060年 47%。労働力はどんどん減り続けて行く。社会保険を支える人たちの数が減って行き、大部分の年金生活者(高齢者)は将来食べてゆけるのか、ということが問題なのだ。 

そんな老後では若い人たちは結婚して子供を生み育てることを考える余裕は無く、働けなくなっても生き延びるための対策を最優先で考えるだろう。子供が減るから社会保険を支える人の数はさらに減って行く。

ひどい話だ。

誰か解決策を持っていないのか。

 

 

f:id:konguking699:20190621203650j:plain

 

前月の走行距離:285.9km

本日の走行距離:0km

今月の走行距離:135.42km