貧乏老人、落ち込む

五月のフルマラソンレースでワースト記録を更新してしまったので、もっとスピードを出せる走りをできないだろうかと、歩幅を広げるトレーニングをやってみたが全く効果はない。歩幅を広げて走ると心拍数が上がりすぎて2㎞くらいで走れなくなってしまう。結局、心肺能力を高めなければならないという結論になり今までの課題と何も変わらないことになってしまう。振出しに戻ってしまうのだ。

走りを改善しようとしても全く効果が出ず、走る気力が湧かず今週は走りに出たのはまだ一日だけだ。今日も一日中引きこもっていた。

全く憂鬱極まりないのだが、近ごろよく目にする金融審議会の年金についての報告書をめぐる議論にも憂鬱にさせられる。

問題は「月額20.9万円支給されている年金生活者の一か月の赤字額が5,5万円になる」ことじゃない。これはもっと根の深い問題だ。問題は月額20.9万円に程遠い人や国民年金の人の生活をどうするかということだ。更に言えばこのまま人口が減って、日本はどうなるんだという問題だ。

2019年の政府の調査では非正規雇用者比率は37.8%。今後この比率はさらに増えて行くだろうし、20~64歳の人口比率の予測は2025年 54%、2060年 47%。労働力はどんどん減り続けて行く。社会保険を支える人たちの数が減って行き、大部分の年金生活者(高齢者)は将来食べてゆけるのか、ということが問題なのだ。 

そんな老後では若い人たちは結婚して子供を生み育てることを考える余裕は無く、働けなくなっても生き延びるための対策を最優先で考えるだろう。子供が減るから社会保険を支える人の数はさらに減って行く。

ひどい話だ。

誰か解決策を持っていないのか。

 

 

f:id:konguking699:20190621203650j:plain

 

前月の走行距離:285.9km

本日の走行距離:0km

今月の走行距離:135.42km

貧乏老人、ワースト記録を更新する

5月19日に柏崎潮風マラソンに参加してきた。

結果は4時間47分22秒。又ワースト記録を更新してしまった。ところが年代別順位は去年より5位良くなって5位になってしまった。フルマラソンの大会で生まれて初めて賞状を頂いてしまった。

記録は去年より約14分悪くなったし、折り返してからの記録も5分弱悪かったが今回は30km以降に元気が出てきて、40kmを過ぎても脚が痛くなることが無く、走っていて気持ちがよかった。これは去年11月から続けてきた筋力トレーニングの効果かもしれない。しかし、もしそうならもっと速く走れるはずなので半信半疑なんだがこれからも筋力トレーニングを続けてゆくつもりだ。

60歳を過ぎてからは走るたびにワースト記録を更新し続けている。脚を速く動かすトレーニングが足りなかったのかもしれない。

秋の大会のためのトレーニング計画には距離の短いインターバルトレーニングも取り入れようと思っている。

 

f:id:konguking699:20190521170056j:plain

 

本日の走行距離:6km

今月の走行距離:213.62km

貧乏老人、本番前に少し長めの距離を走って見る

今日は本番前の、最後のちょっと長めの距離走をやった。

計画では昨日これをやることになっていたのだが、林道で転んだ時に痛めた左脚の膝が痛んだので、昨日はロキソニンテープを張って様子を見ることにした。もし今日も痛むようだったら本番まで走らずにいることにしたのだが今日は痛みが引いたので走りに出た。

速く走ろう、脚を速く動かそうとするのだが、相変わらず脚が言うことを聞いてくれない。脚が速く動かないので心拍数も上がらない。何が悪いのかわからない。

頑張ったつもりなんだが21.34km走るのに2時間17分18秒かかってしまった。

2時間12分以内で走りたかったが遠く及ばなかった。

 

f:id:konguking699:20190513181213j:plain 

 

本日の走行距離:21.34km

今月の走行距離::122.27km

貧乏老人、何とかフルマラソンの距離を走って見る

唇の抜糸が終わって3回ほど走り、何とか長い距離を走れそうな感じがしたので今日はフルマラソンの距離を走って見た。5月末に走る予定のフルマラソンを完走できそうかどうか確かめるために100m程度の高さのある丘を4回上り下りするコースを走った。参加予定のレースのゴール閉鎖は6時間なので、何とか完走できるかなという感じがする。もちろんあくまでも”感じがする”というだけで自信はない。

それにしても脚の筋力の衰えが酷すぎる。

 

f:id:konguking699:20190430201757j:plain

 

本日の走行距離:43.78km(42.38km/5:49:40+1.4km)

今月の走行距離:226.71km

貧乏老人、救急車で搬送される

四月になってから荒天や低温の日が続いたので家に引きこもりがちだったが一昨日は快晴で気温も走るには適温に感じたので今年初めての峠走に出かけた。ペースが遅いが疲れを感じることなくピークの手前500mまで登って残雪があってそこから先には走れなかったので折り返した。

下りは、自分なりに足がよく動いているし前傾もできているなと思いながら、林道の始まる約1km手前まで快調に下って来た時いきなり景色が見えなくなり身体中に衝撃を感じた。気が付くと道路の上にうつぶせに倒れていた。何をすればよいのか分からずしばらく道路に座り込んでいた。そうしているうちにだんだん自分の身体がどうなっているらしいか分かってきた。

右のこめかみから血が出ている。鼻の下や唇から血が出ている。左右の手のひら、左ひざからも血が出ている。病院に行かなければならない状態だな、一番近い病院でも10km以上あるので自力でそこまでは行けないな、と思った。携帯電話で119に電話したが電波が届かなかった。しかたなく、のろのろと119に時々電話しながら村に向かって歩いた。村が始まるあたりで電話がつながった。

病院でCTやレントゲンを撮ってもらったけれど脳に異常はなく手足も骨折していないと診断された。手も足も頭も今日現在痛いのにほんとに大丈夫なんだろうか。この事故以降視力がさらに低下しているのに大丈夫か。

唇から血が出ていたし、前歯に触ると強烈に痛いので歯科に回された。そこで上唇を三針縫われ、前歯のぐらつきを抑えるために前歯に補強を施された。

抜糸と前歯の様子を再度見るので一週間後に又来るように言われた。そこで前歯が割れていることが分かれば前歯を抜くといわれた。

この件以来おかゆを食べて寝たきり老人になっている。右掌の骨が痛み車のハンドルを握れない。左ひざが痛むので走ることは到底無理だ。

今週土曜日にハーフマラソン大会で走ることになっていたがこれではスタートラインにたどり着くことさえ出来ない。

計画を立てて練習をしてきた5月末のフルマラソン大会にも参加できないかもしれない。

こうなったからにはどうにもしようがない。走れる身体に戻れるよう頑張るしかない。

f:id:konguking699:20190418101851j:plain

 

一昨日の走行距離:19.67km 

本日の走行距離:0km 

今月の走行距離:138.70km

足は遅くなる一方だ

練習計画では今日ロング走35kmをやらなければならなかったが、外は寒く、強い北風が吹き時々あられも降ってきて、もろくも14kmでやめてしまった。今日は100mほどの高度差がある丘を越えてきたが登りで向かい風を受けるとペースは歩行並みに落ちてしまい、悪天候にも負けてしまったということもあるが、あまりに遅い自分にがっかりして走りをやめてしまった。

5月のマラソンレースのための練習を始めて11週が過ぎたけれど練習効果を感じることは全くなく、むしろ足が遅くなっているようだ。

 

f:id:konguking699:20190331193721j:plain

 

本日の走行距離:14.0km

今月の走行距離:334.05km

 

悪いのは頭か、それとも脚か。はたまたその両方か?

今日のトレーニングはマラソンペース走。

自分が目指しているマラソンペースタイムで走ろうとしても今の状態では全然走れないので心拍数が最高心拍数の79~88%になるように走った。頑張って走ったけれど28km走った心拍数の平均は84%だった。平均ペースは6'34"/km。目標ペースには程遠い。けれどレース当日までこの程度でしか走れないのかもしれない。もっと心拍数を上げられるようにならなけばだめだ。

心拍数を、走りながら時計で見れるので「もっと心拍数を上げよう‼」と思うのだがだめなのだ。脚が動いてくれない。

脳みそが「もっと脚を速く動かせ‼」と指令を出しても脚の力が弱いので脚が動かないのかな。それとも脳みそに、もっとを速く脚を動かさせる指令を出す能力がないのかな。ひょっとしてその両方かもしれないな。

 

f:id:konguking699:20190316195159j:plain

 

本日の走行距離:31.15km(マラソンペース走:28.16km+ウォーミングアップ、クーリングダウン:2.99km)

今月の走行距離:175.59km